交通事故や交通トラブルが発生した際に、事故や事件が起こった状況や原因を究明するためにドライブレコーダーを活用する方法があります。自動車の前方や後方の映像を撮影して記録することで、後から周囲の車両や歩行者の状況を確認して事故原因を知るための貴重な手掛かりにすることができるからです。最近は交通事故以外にも煽り運転などの交通トラブルが問題になっていますが、上手にドライブレコーダーを選ぶことでトラブルにも対処することができます。ドライブレコーダーを選ぶポイントですが、解像度・画角・カメラの設置場所・音声記録機能の有無、などを比較することが大切です。

交通トラブルに巻き込まれた場合には、相手の車のナンバープレートの確認をする必要が生じるかもしれません。ナンバープレートの判別をするためには、フルHD(1920×1080)で200万画素以上のカメラを搭載していることが求められます。ちなみに一般的に使用されている廉価版のスマートフォンのインカメラでも200万画素を超えているほどなので、画素数や画質は問題ないでしょう。後方からの煽り運転や追突事故に巻き込まれる恐れがあるので、リアカメラも必須です。

交通トラブルでは喧嘩になることもあるので、音声も録音できるタイプを選ぶようにしましょう。映像は音声と比べてデータ容量が少ないので、録音機能が付いていても録画時間が著しく短くなるといった事はありません。他の車両が事故やトラブルに巻き込まれた際に警察に協力してデータを提供できるようにするために、簡単な操作で外部デバイスにファイルのコピーができる機種を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です