年々増え続ける交通事故などを問題視した国土交通省が、タコグラフの設置を中型以上のトラック全てに義務付けるという形になったことになりました。デジタコの義務化で事業を運営している企業などにとっては、その導入費用がかなりかさんでしまうということで一つ問題になっています。しかしこれは一時的には導入費用がかかってしまっても、利便性の高いタコグラフが、最近は非常に多く登場してきていますので、そういったものを賢く導入することで、売上をアップさせることも可能になるということを理解しておくことは何よりも大切です。アナログタイプであると紙、に記録されていくというところから、しっかりとそれを読み取るための熟練者が必要になってしまうという問題がありましたが、デジタルタイプであると、そうした人は必要なく誰でも簡単に使いこな、すことができるように等といった点で、デジタコの義務化で大きなメリットがあるのです。

またクラウドなどと連携することによって、いつでもどこでもデータにアクセスすることができるようになりリアルタイムでドライバーの状況などが把握できるようになるため急な仕事が入った時などにも最適なドライバーに的確に割り振ることが、できるように等といった点で授業の生産性アップにもつながるということが間違いなく言えます。デジタコの義務化で価格相場はだいたい15万円くらいということが言えますが、昨日などをしっかりと絞り込めばアナログタイプとほとんど変わら、ない5万円程度で投入していくことなども可能になってくれと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です