国土交通省が年々増え続けている事故を、しっかりと防止しなければいけないと言った義務感から中型以上のトラックにしっかりとタコグラフ設置しなければいけない、という義務化を決定する運びとなりました。こうした決定はタクシーや運送業界などトラックを使っている、デジタコの義務化で事業の運営者にとってはかなり導入費用を捻出しなければいけない点では問題となってしまいますが、最近の最新式のデジタルタコグラフを導入できるといった点では良いきっかけになる、という面もあるかもしれません。従来のアナログタイプと違いデジタルタイプのデジタルタコグラフは、かなり機能性が向上しているという側面があるためです。紙に記録されていくアナログタイプであるとどうしても、それを読み取る知識や経験などが必要となってしまうといった点から熟練者一人ぶんの人件費がかかってしまうという点で問題がありましたが、デジタルタイプであれば、クラウド上などに読み取りやすい形でデータ、としてリアルタイムで保存されていくということになるため地域それを記録する人を雇わずに済むようになり、デジタコの義務化で人件費が仁取り分削減できるということが言えるのです。

実際のところ価格相場は1台あたり15万円程度ですので、ひと月も経てばそのぶんがすぐに回収できるということは、間違いなく言えるのです。デジタコの義務化でその点もよく踏まえて最適な商品は選べるようにインターネットなど、でチェックしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です