自立立体駐車場とは何か

subpage-img

現代では車社会と比喩されるように、私たちの生活にとって車はなくてはならない存在となっています。
移動に多用される車は、現代ではその置場所。つまり駐車スペースの確保が課題となっています。駅前や道沿いを歩けば、コインパーキングが散見されると思いますが、場所によっては満車と表示されていることもあると思います。たくさんある駐車場ですが、今回はその駐車場の代表格でもある自立立体駐車場について紹介したいと思います。

自立立体駐車場とは、機械を使わないで駐車場内を車が走って入庫や出庫を行う駐車場のことです。

自立立体駐車場に関する問題解決をサポートいたします。

デパートの駐車場を思い浮かべると、想像が容易だと思われます。

自立立体駐車場は、大きく分けて3つのタイプに分かれます。

まず、1つめがフラット式のタイプです。床面が平坦なフラットになっているので、駐車場内を大きく見通しやすく、駐車がやりやすいという特徴があります。
床が平坦になっているので、子供から高齢者・身体が不自由な人も利用がしやすいです。
螺旋状のスロープを設けることにより、多階層に出来るのが、立体駐車場の長所とも言えるでしょう。

土地代が高くて敷地が狭い都市部でも、立体駐車場にして多階層にすることで、多くの車を駐車出来るスペースが確保出来ます。


他には平面駐車場として、青空駐車場と屋根の付いた駐車場があります。

この2つの駐車場は、建設するためのコストが低く、維持費が安いというメリットがあります。



この点は、自立立体駐車場と大きく異なります。



top