最近運送業界やタクシー業界などで、デジタルタコグラフの設置が話題になっているのはご存じでしょうか。中型以上の大型のトラックにも国土交通省は設置を義務付けるようになったためです。このような決定は導入費用の捻出に悩む企業運営者にとっては、頭を悩ませる問題かもしれませんが、結果的に生産性アップにつながる可能性もあるということは、押さえておく必要があると言えるでしょう。つまり最近のデジタルタコグラフはかなり機能性が向上し、利便性が格段に上がっている傾向があるためです。

アナログタイプのデジタコであれば、紙の円盤を機械に入れて、それを読み取るための経験や知識が必要になってしまうという点で誰でもできることではありませんでしたが、デジタコであれば、読み取りやすい形でパソコン上に保存されるようになるためいちいち読み取りの手間が省けるといった点でメリットがあります。リアルタイムでドライバの状況などが把握できるようになるため、デジタルタコグラフは急に仕事が入ったようなケースでもどのドライバーに割り振れば良いかという判断が、的確にスピーディーに行うことができるようになるのです。大体価格相場としては費用相場としては、点万円から15万円程度かかってしまいますが、機能絞り込めばアナタコとほとんど変わらない5万円程度からでも入手可能です。国土交通省は義務化に伴って助成金などを支給する動きも見せていますので、そういったことをチェックすることによって、お得に導入していくことが可能になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です