タクシー業界でも運送業界でも、デジタルタコグラフを設置するということがよく話題になっているのはご存知でしょうか。最近度重なる事故を防止する目的で国土交通省が、中型以上のトラック全てにタコグラフを設置するように義務付けたためです。こうした決定は確かに導入費用を捻出して開ければいけない企業にとっては頭の痛い決定ではありますが、一方で最近はタコグラフが機能性が向上してきているため、それを導入し生産性を上げる為のきっかけという見方もできなくはありません。昔の紙に記録されるタコグラフとは異なり今のタコグラフはかなり利便性が向上してきている、という側面があるためです。

デジタルタコグラフでパソコン上に記録されていくという形であるため誰でも読み取ることができ、いちいちそのために人を雇う必要などがないというのが大きなメリットです。またデジタルタイプであれば、急発進や急ブレーキといった、細かなデータまで記録されるようになるため、荒い運転をしているドライバーなどがいれば適切に注意を行えるようになり結果的に燃費の向上などに繋がることも、期待できるようになるのです。価格は15万円程度が平均的なものとなっていますが、デジタルタコグラフでアナタコとほとんど変わらない価格のものも販売されている可能性があります。結果的にプラス面もかなり多いということも含めて考えると、収支はプラスになる可能性が高いのです。

よくそういった機能などについてチェックしておくように、心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です