最近タコグラフの設置が、デジタルタコグラフで中型以上のトラックに義務付けられたことはご存知でしょうか。えそのために導入費用などを捻出しなければいけないタクシー業界、運送業かなどでよく注目されるようになっています。しかしこの方決定は見方を変えれば最近機能性が向上している、デジタルタイプのタコグラフを購入する良いきっかけともいえるのかもしれません。紙に記録されていく読み取りにくいアナログタイプではなく今はパソコン上にリアルタイムで記録されていく、デジタルタイプのデジタコも登場しており、そちらを使えば、結果的に生産性アップにつながるということも期待できます。

またアナログタイプでは記録されなかった急発進、急ブレーキ等といったデータも適宜記録されていくようになるため荒い運転をしているような企業ドライバーがいれば、すぐに注意を促すことができるといった点で結果的に燃費向上につながったという口コミもあるほどです。そのように考えると価格は1台あたり20万円位かかるケースが多いですが、結果的に導入したことによって、黒字になったというような事もよくあります。デジタルタコグラフで価格だけにとらわれず全体で考えていくことがとても大切になります。義務化したことによって、助成金などが支給される可能性などを出てきていますので、国土交通省のホームページなどを、折を見てはデジタルタコグラフをチェックするように心がけておくことが何よりも大切になります。

スマホやパソコンなどを用いて、時間のある時にチェックしておくように声を掛けておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です