最近は国土交通省が中型以上のすべてのトラックにデジタルタコグラフを設置するように義務付けたため、多くの企業がその導入費用に悩むというような状況になってきています。事故時の状況などを把握しやすくすることで、結果的に事故を抑止することができると国土交通省を考えたわけですが、考え方によっては最新のデジタルタコグラフを設置し企業の生産性をアップすることができるための、良いきっかけとも言えるかもしれません。昔とは異なりデジタルタイプのタコグラフが登場し、かなり利便性が向上してきているという傾向があるためです。アナログタイプであると紙に記録されていくため、どうしても分かりにくかったりするという面があったのですが、デジタルタコグラフであるとパソコン常に読み取りやすいデータとして記録されていくというところから、かなり利便性が高いと多くの人達に評判になっているからです。

いちいち日歯などに柿取らなければいけないといった、手間もかからない点でも仁取り分の労力が減らせるメンデプラスに働くことは間違いありませんし、クラウドなどと連携してリアルタイムでドライブあの状況がわかるため急な仕事の依頼などが入った時にも的確に、その仕事をドライバーに割り振ることができるようになるのです。またクラウドなどとも連携して、リアルタイムでドライバーの状況が把握できるように等といった点でも、大きなメリットと言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です