ドライブレコーダーは、運転中や駐車中の車内外の映像を録画しておくことができる装置です。主な用途としては、万が一の事故やトラブルに備えて設置するということが挙げられます。事故やトラブルが起こった後、状況を映像で客観的に知ることができるので事故処理の迅速化に役立ちます。しかしドライブレコーダーを設置するメリットは、起こってしまった事故やトラブルに対応することばかりではありません。

ドライブレコーダーは事故を防ぐために役立てることも出来る、と考えられています。その1つに挙げられるのは、ドライバーの意識を高めて安全運転を心掛けさせるということです。常に映像が撮られると意識していると、事故につながりかねないような無謀な運転をしなくなることが期待できます。そのため安全な運転をすることになり、事故を防ぐことに繋がるのです。

さらに事故にはならなくても、運転中ヒヤッとしたりハッとするような状況を経験したことがあるという人もいるでしょう。もし危険を感じた状況をドライブレコーダーで録画をしていれば、後からその映像を見返して運転技術の向上に役立てられることもできます。客観的に状況を知ることができ、今後の運転方法に反映させることができれば交通事故を防ぐために役立つ可能性があります。またドライブレコーダーを使って録画中であることを示すステッカーを車に貼っておくこともおすすめです。

後続車のドライバーも安全な運転を心掛けてくれることが考えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です