カーショップにおいて、車やバイクに搭載する人が増えているのがドライブレコーダー略してドラレコです。ドラレコとは、車のバックミラーやバイクのガソリンタンク付近にカメラを設置することで周辺の風景を残せる機器になります。本来は旅行の際に走行中の風景を残すことが目的ですが、現在では安全対策として設置する人が増えているのです。安全対策とは、ドライブ中の問題としてあおり運転が増えています。

これまでは焦っているさなかでも相手の車体ナンバーを覚えておく必要があったのですが、ドラレコがあることで記憶していなくても映像として残るので警察に通報することができるのです。そんなドラレコの需要が増えることによって、年々機能が進化した最新型ドラレコが開発されています。最新型ドラレコとは、まず映像として残せる時間帯には限りがあったのですが映像の凝縮化によって長時間の撮影ができるようになっているのです。そしてこれまでは前方しか撮影できなかったのですが、最新型は3D技術を使うことによって全方位の映像を撮影できるようになっています。

さらに映像がクリアになることで、小さい文字や遠い距離の映像もクリアになっているのです。そしてこれまではエンジンを止めると撮影できなかったのですが、小型のバッテリーを搭載することによってエンジンをつけていなくても撮影できるようになっています。このように最新型ドラレコとは、本来の使い方ではないのですがドライバーの安全対策のために機能が充実しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です