デジタルタコグラフとは、事業用貨物車両の運行状況や運転状態を記録し運行の管理をするために取り付ける機器です。以前より総重量8トン以上または積載量5トン以上の車両には取り付けが義務化されていましたが、平成26年12月1日より総重量7トン以上または最大積載量4トン以上の車両にも取り付けが義務化されています。デジタルタコグラフにはGPS機能が搭載されている機器があり、荷物の積み下ろしや休憩している場所を記録する事が出来ます。また機器によってはリアルタイムで通信する機能もあり、現在地や作業状況を確認する事も出来ます。

デジタルタコグラフには場所以外にも走行速度や加速、減速などの技術的な運転の記録もされていて運転者の指導にも役立てられています。また会社ごとの速度や運行の規程に基づいて規制された条件を設定することが可能で、超過してしまった場合に時点でアラームなどを鳴らし運転者への注意喚起を行える機能もあります。デジタルタコグラフの記録データはパソコンなどに保存することが可能で日々の運行状況を採点して数値化したものを日報として記録し、年間や月間などの期間ごとに走行距離や運行時間、運転者の技術的な運転状況の採点を集計する機能によって運転者の教育や評価、査定などにも役立てることが出来ます。一昔前のデジタルタコグラフが開発される前には、紙ベースの円タコグラフを使用していましたがグラフを読み取るために管理者の熟練度が必要であったため、大雑把な記録となっている場合がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です