運送業を営んでいるなら、デジタルタコグラフは積極的に導入・活用していきたいところです。デジタルタコグラフを導入すれば、まず交通事故を減らすことができます。もともとタコグラフの設置の最大の目的は、交通事故を低減させることにありますから、当然といえば当然でしょう。デジタルタコグラフを導入すれば、車両運行情報をしっかりと数字で把握することができるようになりますから、それを元に各ドライバーに細かく安全指導を行うことができます。

計測器を搭載しているという意識が、ドライバーに安全運転を促すというメリットも期待できます。運送業を行う会社にとっては、交通事故を出さないということはとても大事なことです。万が一交通事故なんておこしたら会社のイメージダウンになりますし、事故に巻き込んでしまった人や荷物の納品先などにも多大な迷惑をかけてしまうでしょう。保険料なども上がってしまいろくなことはありません。

事故を未然に防止するためにもデジタルタコグラフの導入は重要です。さらにデジタルタコグラフを活用すれば、燃費を減らす効果も期待できます。スピードを出し過ぎたり、急発進・急ブレーキなどをしていると、燃料を無駄に消費してしまいます。タコグラフで得られた情報を元にドライバーに運転の仕方の改善指導を行うことで、燃料代を劇的に下げることも不可能ではありません。

会社によっては燃費を1~2割程度改善できたという事例もあるほどです。デジタルタコグラフのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です