アナログ式のタコグラフとデジタル式のタコグラフには、様々な製品があります。その中でも、特に近年で大きな注目を集めているのがクラウド化されたデジタコです。元々、デジタコは非常に便利なもので記録媒体を利用して走行状況を記録することができました。例えば、カード型のモノを利用すると保有しているメモリーカードの中にデータを保存することができましたので、それを会社に帰ってからPCに接続すると、その情報を管理できるようになります。

しかし、こういった方法を利用することに関しても、手間が必要になることに違いはありません。一律でデータを管理できるわけではなく、またリアルタイムで情報が記録されているわけでもない状況だからです。こういった面倒さを改善したのが、クラウド型のデジタコです。クラウド型のデジタコは、ネットワークを経由して自動で記録をすることができるのが大きな魅力です。

運行状況を正確に記録できるだけではなく、自動車の状況をより正確に把握できるというメリットが存在します。特に、トラック運転手は時間厳守のもとに仕事を行うことが多く、その流れが止まってしまうと大きな損失に繋がってしまうこともあります。配送計画が存在しますので、その流れに従って仕事をしてもらわないと、業務に支障が生じるわけです。こういった問題点も、クラウド型のデジタコならば問題ありません。

位置情報を記録できるものがありますので、正確な配送計画のもとに仕事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です