デジタコは運行情報をデジタルの形式で記録できるものであり、国土交通省でも従来のアナログのタコグラフからデジタコへの移行を推奨していますが、実際には価格が高額となる外交換などの手間が発生するため多くの運送会社では実現していないのが現状です。現在の法律ではタコグラフの設置が義務付けられているものの、デジタコの義務化は行われていないため、特に現在経営の厳しい運送会社等では経費節減のためにデジタコの導入を躊躇していると言うところも少なくありません。しかし安全運行の観点から、デジタコとクラウドシステムをつなぐことでより効率的な運送業務を行うことができるようになります。クラウドシステムはリアルタイムで運行情報を車両から採取することができ、またこれを加工して管理者に通知することができるのがポイントです。

そのため管理者は現在走行している車両の情報をリアルタイムで把握することができ、その状況に応じて適切な対応を迅速に行うことができるようになります。最近では道路上のトラブルも非常に多くなっており、これにより安全な輸送ができなくなってしまうことも少なくありません。車両を運転しているドライバーでは最適な対処方法を見つけることができない場合でも、管理者がその状況を効果的に分析することによって最適な判断をすることができる場合が多いものです。クラウドシステムには様々な機能があり、その機能を効果的に利用することにより安全で確実な運行をサポートするものとなっているため、非常に高い導入効果があると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です