デジタコは単純にタコグラフのデータをデジタル化して保存するだけではなく、様々な情報収集ツールとの連携が期待されるものとなっているのが特徴です。近年では特に多くの車両が様々な機能をコンピューターで管理しており、これらの情報を運行情報と連携させることで、高いレベルでの運行管理を実現していることが少なくありません。燃料の消費量と運行情報から走行効率を割り出したり、車両の位置情報と運行情報を組み合わせることで輸送ルートの確認を行うことができるのもポイントとなっています。加えて、車載カメラ等と連動させることでその状況に応じた映像をリンクさせて記録することもできるため、様々な問題が発生したときの状況をより詳細に確認することができるのがポイントです。

しかしこれまでこれらの情報は車両本体に格納されるため、その確認を行うことができるのは全て車両が車庫に戻ってきてからか、もしくは車両までそのデータを取りに行かなければならないと言う問題がありました。これらの情報を外部から簡単に取得することができるようになるのがクラウドの効果となっています。クラウドとデジタコを連携させることで、リアルタイムで様々な情報を取得することができるばかりでなく、これをクラウドサーバーで分析し適切な対処を行うことができます。デジタコで収集したデータをクラウドで分析し、この結果を確認することで、管理者が効果的な対策をドライバーに指示することが可能となります。

安全な運行管理を迅速に行うためにも、非常に効果的な方法となっているのは特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です