デジタコは、クラウドにデータを保存できるという点で従来までの製品と比較しても非常に優秀です。デジタコは、元々はタコグラフを進化させたものであり、製品そのものに関してもとても需要があります。タコグラフは、主にトラックの走行記録などに利用されるものであり、これを利用しておけばドライバーがどういった状況で仕事をしているのかを確認できます。労働時間の観点からも、不当に長期労働をさせないようにできますので、仕事の観点から見ても非常に便利なものです。

デジタコのメリットは、このようなタコグラフの機能を進化させてクラウド上で管理ができるようにしていることです。従来型のタコグラフも確かに便利だったのですが、管理が難しかったというデメリットが存在します。そもそも、インターネットなどの回線を用いて管理できていたわけではなく、アナログ的なチャート紙を使ってデータを保存していました。そのため、そのチャート紙が提出されないと状況を把握できないという難点がありました。

デジタコでは、こういった難点を排除することに成功しています。クラウド上でデータを保存できるということは、後からバックアップを取らなくても済むようになるということです。データを保存するときに一緒にバックアップの役割を果たすことができますので、万が一のときを考えても役に立ちます。データの供給も楽ですし、何よりもドライバーの協力を得なくても問題ないので使いやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です