車両の運行状況を記録するデジタコにもクラウドの波が押し寄せています。現在販売されているものの多くがクラウド対応されています。そこにはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、初期費用を比較的安く抑えられることができます。

デジタコ本体の費用はどうしてもかかってしまいますが、サーバーやそれを構成するネットワーク機器などを購入しなくても良いのです。また、運行管理システムのソフトウェアをサーバーへインストールすることも不要です。サービス提供側が準備したサーバーを利用することになり、そこにはすでに運行管理システムがインストールされています。マスターデータを投入すれば、短期間で利用を開始することが可能です。

クラウド対応されたものは、運行状況のデータはリアルタイムでサーバーへ送信されます。そのため、管理者はリアルタイムで運行状況を把握でき、必要に応じて指示を出すこともできます。データが自動送信されるため、SDカードなどの外部記憶媒体に運行状況のデータを保存しサーバーへアップロードする手間が不要となります。ドライバーにとっても手間が減り、日々の事務作業の軽減が期待できます。

デジタコ及び運用管理システムのサポートが充実しているものも多いです。困ったことがあれば何でも質問できるようになっているのが一般的です。さらに、運用保守も行ってもらえるので重宝します。必要に応じて運用業務をすべて依頼可能なものもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です