ドラレコとはドライブレコーダーの略称です。車両に大きな衝撃があると、その前後の十数秒間、前方映像と音声を記録します。カメラと本体が一つになっているカメラ一体型と、カメラと本体が分かれているカメラ分離型がありますが、現在では一体型が主流です。取り付け方法は、フロントガラスに吸盤で取り付けるタイプやルームミラーに取り付けるタイプ、カメラのみをダッシュボードに固定するタイプなどがあります。

このドラレコが記録した映像を見直すことによって、交通事故の詳細な状況やドライバーの運転状況などを客観的に分析することができます。また、ドラレコとは事故処理の参考資料のための機械と思う人も多いですが、安全運転への意識を高めるというメリットもあります。記録された映像を見れば、自分の運転技術を冷静に観察できるので、問題点や改善点が一目瞭然です。さらに撮られていることを常に意識するので、安全運転を心がける心理的な効果もあります。

他にも、車外の景色を保存しておくことができるので、旅の思い出の記録としても楽しむことも可能です。そして最近では、車線をはみ出しそうになったときに警報を発する車線逸脱警戒や、追突する危険を察知したときに警報を出す前方衝突警戒、渋滞や信号待ちなどで前の車が発進したことを知らせる前車発進お知らせなど、様々な機能が搭載されています。あおり運転が社会問題化している現代日本において、ドラレコとはドライバーの必需品であるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です