私達の生活を根本で支えているものに物流がありますが、この物流にも歴史があります。昔は大量にものが一度に運べるということで、鉄道や船などがその主流でした。しかし、現在の道路事情が国内で大変良くなっているということから、また小回りが効くということから、トラック輸送が国内輸送の柱となっています。船による輸送は、主に海外から大量の品物を持ってくる場合によく使われていますが、国内ではトラック輸送が鉄道にほとんど置き換わる形になりました。

現在こんな輸送の柱となっているトラックですが、年々その需要が増してきています。これにはインターネット通販による売買が盛んになってきたということがあります。私たちがインターネットで物を買う際には、インターネットサイトで物を注文します。注文を受けた会社では、倉庫にある品物を注文にしたがって配送するわけですが、注文をした人達は日本全国に住んでいます。

したがって、さまざまなルートを通してトラック輸送を行う必要があります。その様な場合に重要になるのが、トラックをいかに効率的に動かすかということです。この事から、ドラッグの運行状況を的確に捉えるということが重要です。そのような際に使われるのが、デジタコですが、これはトラックなどの運行状況などを記録するものです。

以前は、紙などに記録するというものが用いられていましたが、後の取り扱いが大変不便でした。デジタルにするということがデジタコの特徴なのですが、そのことによってその後の情報処理が大変便利になっています。その為に現在では、デジタコが多くのところで使われていますが、気になるのがその価格です。多くのものが、大体5万円から10万円という価格の間に入っています。

この範囲の価格のものを選ぶわけですが、どれを選ぶかというのはそれぞれの状況によって異なってきます。なぜならば、機能と価格には相対する関係があるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です