事業用で車を使う時に、車の走行距離や走行時間や速度を測定する事が出来るデジタコは欠かせません。しかし、価格帯は様々であり、企業からすると、この価格差がどのような事で出ているのかが気になる点です。デジタコの価格差は、搭載されている機能や性能によって変わってきます。SDカードやHDDなどのローカルストレージにデータを保存するだけであれば、安く売られているモデルがあります。

クラウドサーバとの連携が施されている場合や付加価値を生み出す機能が搭載されている場合には、デジタコの値段も高くなります。最近のトレンドとしては、ドライブレコーダーの機能を搭載したモデルが登場している点です。安全運転を心掛ける事ができ、事故が起こったとしてもドライブレコーダーによって状況を記録する事が出来ます。近年では、運転手の健康状態の管理や環境に優しい運転の行い方などが積極的に行われています。

これは、幅広い価格帯で展開されているデジタコの性能が強化されてきたおかげです。企業が、所有する車にデジタコを搭載したい場合には、価格だけでなく、機能に関しても注目しておくと良いでしょう。クラウドサーバに保存する機能が必要であるのかどうかといった部分で決めるのも合理的です。SDカードやHDDに保存するだけで良いと判断すれば、それだけコストを下げられます。

基本機能は、どのモデルもあまり違いがありません。クラウド対応やドライバーの運転癖の分析など付加価値が付くほど、端末の値段は上がる事を意識して製品を選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です