現在物流の中心は、トラックになっています。様々のところでドラッグが使われるようになってきました。トラックが使われる範囲も、以前は鉄道が主であった長距離輸送にも及んできています。しかしトラック輸送がその効力を最も発揮するのは、短距輸送を行う場合であるということができます。

それは、トラックが様々なところまで細かく移動できるからです。そのことを一番端的に表しているのが、インターネット通販やコンビニエンスストア経営です。どちらも、各家庭や店舗まで品物を持って持っていくということが大変便利なところです。このように細かいところまで品物を輸送できるというのがトラックの特徴なのですが、そのようにトラックを動かすということは大変で、その管理についても様々の注意が必要です。

なぜならば、通常輸送会社は限られた数のトラックしか持ちませんので、限られた数のトラックをいかに効率的に動かすか、またドライバーの健康管理疲労なども考えて効率的輸送計画を立てる事が必要です。この事から、トラックの運行状況を的確に捉えるということは大切なことになります。その様な時に使われるのがタコメーターです。タコメーターの中でも、最近はデジタルのデジタコが出てきました。

このデジタコは、出力をデジタルデータとして出すことができますので、その後の処理や分析が大変効率的に行えます。デジタコについてはいくつかの種類や価格帯があります。デジタコを選ぶ際には、機能と価格のバランスについて十分に考える必要があります。おおよそ五万から十万円の範囲のものですが、価格が高ければ高いほど高機能になるというのが普通です。

使用の際に必要な機能と経費の事を十分に考えて購入する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です