現代の品物の流通についての主なものはトラックです。トラックは、日本中様々なところを隅々まで品物を郵送します。色々な所まで行って品物を届けられるというのがトラック輸送の特徴です。トラック輸送は今後も大幅に増える考えられますが、インターネット通販の拡大やコロナ感染症などの蔓延による外出規制がそれを後押しすると考えられます。

このようなトラック輸送の増加に伴い、輸送管理について様々な新たな問題が生じてきます。多くの需要に対し有限の保有数のトラックをいかに効率的に駆使して、いかに利益を上げるかという事が重要になります。またドライバーの健康管理という点でもトラック輸送の管理は重要です。このような背景の下に出てきたのがタコグラフです。

タコグラフは、車両の運行状況や速度などを記録するものです。昔は紙に記録するアナログタイプのものだったのですが、最近ではデジタルでデータを出力するデジタコが出てきました。このデジタコは、出力がデジタルであるということから、様々な分析が容易に行うことができます。またインターネットなどを通じて、様々の他の制御下に置くことも可能です。

クラウドなどを通じデーターを共有して、リアルタイムに状況分析するというのもよく行なわれます。このように便利なデジタコですが、その価格についても大変高いというものではありません。およそ五万円から十万円の範囲に入ります。この価格帯で輸送管理が効果的にできる事を考えると、リーズナブルであると考えることができます。

実際にデジタコを使うにあたって、どのような機種や価格帯のものを用いるかについては、経営状況やトラック台数などに応じて変わってきますので、価格と機能のバランスを考える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です