タクシー業界や運送業界に関わっていればタコグラフをご存じないということは、まずないと言えるのではないでしょうか。もちろんこれはドライバーの走行が記録されていく計器のことです。最近この計器を設置する範囲が中型以上のトラックに広がったということは、ご存知でしょうか。国土交通省が年々増加し続ける事項を減らす目的でより多くの車に設置しなければいけない、というルールに変更したのです。

今後はその範囲はどんどん拡大していくことも間違いありません。積んでいないような車両があるのであれば、出来るだけ早めにクラウドを利用するデジタコを設置することが大切だ、ということが言えるでしょう。問題となるクラウドを利用するデジタコ導入価格ですが、相場としてはだいたい1台あたり15万円程度とされています。最近は機能性が非常に高くなってきており、事業運営の効率化に活躍してくれるようなものもあります。

どうしたものにしておくと一見出費になるように見えて勝ててね売上アップに繋がるといった点を考えると、クラウドを利用するデジタコでがプラスに働く可能性もゼロではありません。義務化に伴って助成金のとか支払われる可能性もあります。ニュースなどもよくチェックしできるだけ最適な商品を、お得に選べるように心がけておきましょう。クラウドと連携してリアルタイムでドライバーの状況などを把握できる機能などがついているものであれば、急な仕事の依頼が入った時なども、便利です。

クラウドやデジタコのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です