トラック運転手は1日中1人で仕事をしているために、他の工場で仕事をしている職業のように管理職が管理することが非常に困難な職業でしょう。ですが、トラック業界でもしっかりとした休憩時間や1日の仕事時間の他、1日で走行できる距離数などは厳密に決められているために、しっかりと守らないドライバーにも会社側が守らせることが必要でしょう。ですが、目が届かない場所で仕事をしているドライバーを管理することは物理的に不可能となっているため、国土交通省がデジタコの義務化へと踏み出したのです。デジタコを義務化にすることによって、ドライバー自身に会社側が無理な運行をさせることが不可能となりますが、会社側の指示を一切聞かないドライバーの管理をすることが可能です。

デジタコには仕事を開始した日時と仕事を終了した日時が記録されます。ドライバーは1日の走行距離が決まっていますが、デジタコには走行距離や休憩時間などが記録されますが、それだけではなくて、実際に何キロで走行していたかも会社側がしっかりと把握することが可能となるでしょう。以前は会社の指示を無視して自分の給料を上げるために無理な仕事量をこなそうとしていたが、義務化にすることで全てを会社側の指示がないと出来ない状況へとなり、安全な運行の手助けになるでしょう。日本国内の生活の8割は物流が支えていますが、義務化にすることで大切な物流を守ることにも繋がるため、国民にとっても良いメリットとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です