現在は非常に不景気ですが、運送業界にも冷たい風が吹いていますが昔なら無理な運送をして利益を上げることが出来ましたが、現在はデジタコが義務化になっているので必然的に無理な運行をすることが不可能です。そのため、運営を維持することが不可能となり倒産する運送会社が非常に増えています。国土交通省は各運送会社の利益などは一切考えずに法律改正に踏み切りましたが、その行動が日本の血管でもある物流業界が混乱させているのでしょう。しかし、デジタコ義務化と言う法律改正によってデジタコを製造販売している企業は、今までにないくらいに忙しい状況が続き、莫大な利益を生んだのでしょう。

デジタコを製造している企業は日本国内では数が少ないために当初は予約順に作業に取り組むために、待たされる運送会社も沢山でたと言えます。義務化によって製造販売しているメーカーは忙しくなったのですが、設置するまで運送で使用することが出来ないために、その期間は日本の血管でもある物流を止めることになるため、製造販売しているメーカーは日本の命とも言えるでしょう。そのため、製造が間に合わないために各メーカーは新しく新入社員を募集しましたが、デジタコが普及した現在では各メーカーが人員整理すると言う悪循環になっています。解雇になって社員の中には他のメーカーへ就職する人もいますが、ほとんどの人が仕事が決まらずにアルバイト生活をしている人がほとんどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です