デジタコの義務化は1962年から行われていましたが、基準は非常に緩やかな状況によって多くのトラックでの交通事故が起きたいたのです。しかし、その後多くのトラックに対してデジタコが義務化へとなったのですが、全ての車両を改造することによって、運送会社が機能しなくなることを恐れて、これから新たに車両を購入した車両は必ずデジタコを装着していなければならないとなったのです。ですが、2017年には現在使用しているトラックにもデジタコの装着が義務化になったことで2017年以降はトラックによる交通事故が驚くほどに減ったのでしょう。運送会社は全てが綺麗な運営をしているのではなく、中にはブラック企業がありますが、デジタルタコグラフの設置を義務化にすることでブラック企業は運営を出来なくなって倒産となります。

運送会社は日本の血液とも言える存在なので、綺麗な血液のみを流して汚れた血液は全てを排除することによって、日本全体を良くすることを目的としたのでしょう。現在は一定条件を満たした車両のみを対象としていますが、今後、トラックによる交通事故が増加するとより一層厳しい基準になるでしょう。ですが、これは運送会社がしっかりとしたドライバーの管理とドライバー自身がプロドライバーとしての自覚を持つことで回避できることが出来ます。万が一トラックが重大な交通事故を起こした場合には、登録している運行管理者の資格までもが無くなるために、管理職は全力で管理していることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です