デジタコが義務化になったことで多くの企業がデジタコの製造に関わって来たことによって、現在では多くのメーカーが参戦しているので運送会社側もどんな機器を導入するか迷うでしょう。現在はインターネットが普及していますが、このインターネットを利用して富士通がオンラインで運転手一人ひとりと車両一台一台をしっかりと管理できるデジタコを開発したことから多くの運送会社が富士通のデジタコを使用しています。義務化になり管理が複雑になったことで運送会社の事務員の仕事が遥かに増えたのですが、新しく人員を確保することが非常に難しい現在では仕事の効率を上げるために富士通が開発に踏み切ったのでしょう。義務化によって富士通が先手を取って動き出したため、現在ではインターネットを使用してデジタルタコグラフを観覧することが可能な機器を製造しているのは富士通のみです。

普通のデジタルタコグラフは運行状態を管理するだけですが、富士通のDSC-C1は坂道発進でのエンジンの回転数はエコ運転に関しての情報をいち早く認識することが可能です。インターネットで観覧することが出来るために、車両が運行中でも会社内で車両の状況を把握することができ、万が一の場合にはドライバーへ連絡をすることが可能です。デジタルタコグラフを導入するためには莫大なコストがかかりますが、富士通のDSC-C1を導入することによって、導入後のコスト削減に成功するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です