デジタコ義務化に速やかに対応した富士通が発売したDSC-C1はインターネットを利用したデジタコとなっているため、365日24時間会社内で車両を管理することが可能です。通常はデジタコの目的としては車両管理をすることが本来の目的ですが、DSC-C1はデジタコのみではなくてドライブレコーダーも内臓されているために、一石二鳥と言えるでしょう。デジタルタコグラフが義務化になったのはトラックによる交通事故を減らす目的なので、万が一の交通事故の際にはドライブレコーダーが大きな役割となります。ドライブレコーダーとデジタルタコグラフをセットにすることで、交通事故を更に減らすことが出来るために多くの運送会社が富士通のDSC-C1を使用しています。

これによって、今後はデジタルタコグラフのみではなくて、ドライブレコーダーも義務化になるでしょう。ドライブレコーダーが義務化になることで富士通のDSC-C1が更に導入する運送会社が増えると言えます。ドライブレコーダーを設置することによって、いい加減な運転をするドライバーを排除することが可能なため、運送会社側としては大きなメリットとなり、優秀なドライバーのみが運送会社で勤務することが可能です。それによって、日本の血液を綺麗な血液に変えることができ、利用者の利便を図る目的にも繋がり、より一層日本国内の経済を大きく回すことにもなり、優秀な人材がドライバーになるキッカケにもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です