デジタルタコグラフはデジタル式の運行記録計で、車を運転している際の速度をはじめ、走行した時間や距離などの情報記録しておくことができるアイテムです。このデジタコは義務化が進んでいることから注目を集めてもいます。もともと総重量が8トン以上のトラックや積載量が5トンのトラックは義務付けられていました。しかしそれに加えて現在では総重量が7トンのトラックや積載量が4トンの場合でもデジタコは義務化されていて、設置しなくてはならなくなっています。

デジタルタコグラフに対してアナログのタコグラフもありましたが、今では多くの車でデジタル式のものが使われています。デジタル式のものはアナログのものよりも機能が優れていて、情報はメモリーカードなどに記録しておくことが可能です。アナログ式の運行記録計はデータの解析が面倒でしたが、より便利に利用することができるのがデジタル式のタコグラフの良いところです。デジタコが義務化された現代ではこれから設置する必要がある場合には、デジタル式のものが選ばれるケースが多く、アナログ式のものは今でも使われていることがありますが次第に無くなっていくと考えられます。

デジタコが義務化された目的は安全のためで業務用のトラックに取り付けることで、ドライバーが事故を起こすリスクを減らすことに繋がります。取り付けていなかったり、正確に記録できない状態だった場合には、違法行為となってしまうため注意が必要です。デジタコの義務化のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です