デジタコ義務化によって、高度な運行管理が実現されます。それは交通事故削減に寄与すると共に、事業の永続的な運営にもつながっていきます。事業用自動車総合安全プラン2020では、自動車事故の大幅な削減を目標に掲げています。そのために、国交省は高機能なデジタコの普及を図っているわけです。

高機能な機種はクラウドとつながり、管理者が遠隔からドライバーをサポートできます。ドライバーが眠気を感じた際には、管理システムが自動で検知して管理者とドライバーに通知します。それによって、居眠り運転などを防止でき、重大事故の発生を未然に防げるわけです。何よりも高機能のデジタコは、ドライバーの就業形態を改善できる働きがあります。

就労報告なども自動で作成されるので、時間を有効活用できるものです。デジタコ義務化に伴って、様々な機種が登場しています。次世代高機能タイプは、詳細なデータを一元管理できるのが強みです。クラウド型管理システムが導入されており、ドライブレコーダーと連動しているのもメリットです。

アルコールチェッカーをはじめ、居眠り防止機能も備わっています。荷室の温度管理などもできるので、積荷が傷む心配がありません。タイヤの空気圧なども運転席で確認できるので、万が一のタイヤトラブルが発生しても直ぐに対処できます。デジタコ義務化により、上位機種にも様々なタイプが開発されています。

適切に活用することで、業務改善にも効果を発揮します。ドライブレコーダー一体型や連動型など、使用状況に応じて選択できるのも魅力です。上位機種も様々なデバイスと接続でき、幅広い機能を発揮できるのが強みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です