デジタコは電気式に記録するタコグラフで、一定の条件を満たすトラック車両への義務化が行われています。ただし、この義務化はデジタコだけでなくアナログ式のタコグラフでも構わない、もしくは規定が設けてあるわけではありません。ただ、利用する側にとってアナログ式のタコグラフは記録紙をその都度交換する必要があること、記録された情報を見るためには知識が必要などからアナログ方式のタコグラフの取り扱いに慣れていない管理者や事務員がいる場合にはデジタコの方が便利といわれています。トラックの運転手さんの中でも長距離を走る場合、4時間に1度30分間の休憩を取ることへの義務化も行われています。

これは後の監査の中で記録紙や記録データを労働基準監督署の担当職員に診られる、この運行記録に問題があるもしくは違反している場合には是正指導を受ける、この指導に対して改善が見られない場合は車両の使用停止や営業停止処分を受ける可能性があります。そのため、装着するだけでなく適切な運行管理を図ることが求められるわけです。デジタコを使い正しい運行管理を行うことは、ドライバーの安全確保ができることや運転中の急ブレーキやアイドリングなどの防止にも繋がる、安全運転を心掛けるようになるので交通事故の発生をゼロに導くことができるなど様々なメリットがあります。装着義務は徐々に範囲が広まるのではないか、将来的にはバンなどの小型車両にも装備が求められる可能性も決してゼロとは言い切れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です